Archive for ◊ 2月, 2013 ◊

• 2013-02-27

 2月定例幹事会兼教育問題委員会特別例会が2月19日(火)、岡山市内のホテルで開かれ、泉史博、萩原邦章両代表幹事ら会員約130人が出席、新入会員の承認、交代会員の紹介、会活動の報告など行った。この後、女子サッカーなでしこリーグの岡山湯郷ベル前監督で、今年から同2部リーグに当たるチャレンジリーグのAC長野パルセイロ監督に就任した本田美登里氏の講演「私のサッカー人生について―スポーツを通して人の育成」を聴いた。本田氏は、努力を重ねトップ・プレーヤーに育った宮間あや選手のエピソードを紹介しながら「われわれリーダーは人を見る眼、育てる力を持たなければならない。特に意識次第でだれでも変われることを気付かせてあげることが重要だ」などと強調した。

2013.2月定例幹事会

 

• 2013-02-27

 グローバル化の進展に対応するため岡山経済同友会は、(公財)岡山県産業振興財団、県内4大学(岡山大、岡山理科大学、岡山商科大学、吉備国際大学)と連携し「アジア留学生ビジネスネットワーク構築支援事業」を行っており、この一環として2月15日(金)、岡山市北区のまきび会館で、2013年および14年卒業見込みの留学生のため企業説明会を開いた。中国、バングラデシュ、ラオス、ネパール、台湾の留学生5カ国・地域25人、また、海外事業の強化を目指す自動車部品やIT関連など県内企業14社が参加した。

 まず、企業側が1社5分の持ち時間で資本金、従業員数、事業内容などの会社概要、採用予定職種・人数、必要言語などを説明、加えて「わが社は年功序列を除外した実力主義で自由な会社であり、自分で考え、自分で行動してほしい」「ITを世界に展開したい。世界に通用する人がほしい」「わが社の社是は新たなる価値の創造だ」「現在、アジア進出の基礎を築いているところだ」などと自社アピールした。

 この後、13のブースに分かれ、個別面談を行った。留学生たちは企業紹介で聞けなかった採用条件などを熱心に聴き、就職の参考にした。

 なお、この就職マッチングに先駆け2月1日(金)、同市北区のResort(旧岡山会館)で「企業と留学生の交流会」が開かれ、採用を検討中の企業24社、留学生25人が参加、お互いの人柄、考え方などを知り合った。

アジアマッチング

Category: 更新記録, 行事報告  |