Archive for ◊ 8月, 2017 ◊

• 2017-08-25

岡山経済同友会と岡山県商工会議所連合会は6月28日(水)、三菱自動車工業(株)取締役会長のカルロス・ゴーン氏の講演会を岡山市中区のホテルで開催した。同社の主力工場・水島製作所(倉敷市)の視察と従業員激励のためゴーン氏が来岡するのに合わせて企画した。ゴーン氏は、水島製作所の生産見通しや地元部品メーカーとの取引、近未来の自動車、変革時におけるリーダーの役割について、約1時間にわたり熱弁。同友会や県内各商工会議所の会員企業、同製作所の取引先、行政関係者ら約750人が聞き入った。岡山での講演は2003年以来14年ぶり。

講演は、共著「カルロス・ゴーンの経営論」(日本経済新聞出版社)などがある池上重輔早稲田大商学学術院教授や会場からの質問に答える形で進行。講演の冒頭、最前列にいた松田久代表幹事がマイクを手に、「県内には水島製作所を支えてきたサプライヤーがたくさんいる。40万台の生産能力がフルに活用されるのはいつのことか」「電気自動車の登場にみられるように、今後、自動車の形が変わっていくだろうが、サプライヤーにはどんな技術力が要求されるか」などと問いかけ、口火を切った。

ゴーン氏は、水島製作所について、2017年度中にRVRの生産を岡崎工場(愛知県)から移管するとともに、軽自動車の生産に一層力を入れる考えを示し、「生産台数は毎年のように増えていく。年間40万台の生産能力は必要だ」と強調。県内部品メーカーとの取引にも触れ、「向こう3年間で6割拡大する予定。県内のサプライヤーのほとんどは勝ち組になる。競争力の維持、向上に引き続き務めてほしい」と述べた。

三菱自への資本参加がM&Aではなく、日産・ルノーとのアライアンスの形をとった理由にも言及。三菱自とダイムラークライスラーを例に、「自動車業界ではM&Aはいずれも悲惨な結果に終わっている。アイデンティティ、ブランド、文化、地域社会が大事」との認識を示した。さらに、「三菱自には三菱自のままでいてほしい。その伝統に誇りを持ち、自ら改革してほしい。日産もルノーも応援する。私たちは対等なパートナーだ」と力を込めた。

自動車業界の将来に関し、AIをはじめとする技術の進展を挙げ、「革新的な技術により、過去になかったくらい大きな変化が起きている。10年後の車は今とは全然違ったものになる。電動化や自動運転が進み、つながる車も増えていく。交通手段というより、個人の『モバイルスペース』になるだろう」と展望した。

また、変革を遂げるために必要な条件として、「変革の目的を会社のすべてのレベルで共有すること」を挙げ、「人は変化を嫌う。リーダーは状況を診断し、何をすべきか、想定される成果は何かを考え、従業員に繰り返し説明しなければいけない」と話した。

会場では、ステージの両脇にスクリーンを設け、身振り手振りを交えて熱く語るゴーン氏を大写しにした。同時通訳もあり、参加者は専用の機器を身に着けて聴いた。

最後に、松田正己代表幹事が「アライアンスの形をとる理由として、相手企業のアイデンティティ、ブランド力、文化、そして何より地域社会を大事にするという言葉があり、安心した。さらに、サプライヤーとの取引を向こう3年で60%アップさせるという話もあった。大変心強い。元気をいただいた」とあいさつし、締めくくった。

• 2017-08-25

7月定例幹事会兼国際委員会特別例会が7月26日、岡山市中区ホテルで開かれ、松田久、松田正己両代表幹事や担当の中谷庄吾国際委員長ら会員約140人が出席、交代会員の紹介、最近の会活動の状況や今後の予定などの報告の後、辻芳樹・学校法人辻料理学館理事長、辻調理師専門学校校長の講演「ガストロノミーとこれからの食文化」を熱心に聴いた。

松田久代表幹事は冒頭あいさつで、6月28日に岡山市内で開かれたカルロス・ゴーン三菱自動車工業会長の講演会(岡山経済同友会、岡山商工会議所共催)に触れ、「ゴーン会長は『3年間で生産性を60%上げる』と自信たっぷりだった。サプライヤーは競争力が高いので心配無用との話だったが、裏を返せば競争力がないところは心配した方が良いというようにも受け取れる。あらゆる面で競争しなければ勝ち残っていけない」と話した。また「岡山県がまとめた2016年観光客動態調査によると、県内を訪れた観光客は前年より20%増えた。実際、町なかを日本人でない人が結構歩いており、後楽園周辺は特に多い。こうしたチャンスをとらえてにぎわいを作っていかなければならない」と述べた。

講演で、辻氏は「ガストロノミーとは、古代ギリシャ語のガストロス(消化器)とノモス(学問)から成る合成語。19世紀初頭以降、社会における食の役割を体系的にとらえることを目的に発展した学問分野だ」と説明。ジョエル・ロブション、ダン・バーバーら料理界を革新してきたシェフの業績とともに美食の潮流の変遷を解説し、「近年は料理に地域の風土やエコロジーといったメッセージを込める動きが目立つ」と紹介。「節句や里山料理に見られるように、日本料理には古くからメッセージが込められており、うまみの引き出し方などで世界に影響を与えてきた。今は日本料理が発信すべきこと、技術革新の在り方などを見つめ直す時期に来ている」と話した。またこれからの料理人は「単に作って提供するだけでなく、食文化をデザインしたり、社会課題解決のため積極的に発言したりする役割を担う職業になるだろう」とし、「文化芸術振興基本法に『食』が明記されたことで、ようやく『食』を文化としてとらえることができるようになった。今後もより高度な教育を構築していきたい」と力を込めた。

• 2017-08-25

6月定例幹事会兼環境・エネルギー委員会 特別例会が6月1日(木)、岡山市中区のホテルで開かれた。松田久、松田正己両代表幹事をはじめ会員約160人が参加。新入会員や交代会員の紹介に続き、森ビル都市企画株式会社の山本和彦代表取締役社長が「森ビルのまちづくり事業・都市環境づくり」と題して講演した。

冒頭あいさつで松田久代表幹事は、5月22日(月)の創立70周年記念式典の準備・運営と、多くの会員の来場に対し、感謝を述べた。また、6月28日(水)に岡山県商工会議所連合会とともに、三菱自動車工業会長のカルロス・ゴーン氏を招いて講演会への参加を呼び掛けた。会活動の報告では、清水男防災・BCP委員長が会員ならびに市民向けに作製した「南海トラフ地震・津波防災カード」の概要、記入の仕方を説明した。

続く講演会で、山本氏は「不動産開発は時間がかかり、経済変動の影響もうける。時間がかかり過ぎたらタイムアウトになるリスクもある」と指摘。コンクリートジャングル化、交通渋滞、コミュニティの崩壊など住民の不安を解消して再開発を進めるため、高層ビルの間隔を空けて緑地を確保したり、道路を立体交差させて渋滞を緩和したりしたほか、清掃や盆踊りといった地域活動にも取り組んできたという。また、2014年開業の超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」の周辺で、新たに3棟の超高層ビルを計画、今年4月オープンの商業施設「GINZA SIX」では、地下3階に能楽堂を設けるなど、地域の魅力アップとにぎわい創出を図るさまざまな取り組みを説明した。現在社長を務める森ビル都市企画は、高松丸亀町グリーンや広島駅南口Cブロック市街地再開発事業をはじめ、地方都市の街づくりを手掛けていると紹介。「地方はこれまで東京のものを誘致してきた。これからはクオリティオブライフを求める時代。良い生活環境をつくれば、いい人が集まり、良いレストランや店ができる。優秀な人材を求めて企業も集まる。こうした逆の流れをつくり出したい」と訴えた。